プロファイル固有のデバイス更新のスケジュール

モバイル デバイス サーバ プロファイルから、モバイル デバイスのプロファイル固有の更新をスケジュールできます。モバイル デバイス サーバ更新を構成するときには、次のオプションがあります。

イベント タイプ

1 回限りのイベント、繰り返しイベント、または同期後イベントを選択します。同期後イベントは、エンタープライズ サーバとモバイル デバイス サーバ間の配布が完了するたびに、実行されます。これにより、サーバが更新されるたびに、デバイスも確実に更新されます。

時間制約

イベントの開始時刻と必要に応じて終了時刻を設定します。

モバイル デバイス ユーザによる更新の無効化を許可する

更新がスケジュールされているときに確認メッセージが表示され、モバイル デバイス ユーザは更新を無効にできます。

更新中にオーファン パッケージを削除する

デバイスから切り離されたパッケージを削除します。Avalanche コンソールから削除された場合、属しているソフトウェア プロファイルが無効な場合、またはパッケージが無効な場合、パッケージは切り離されていると見なされます。

更新中に強制的にパッケージを同期する

モバイル デバイス サーバは、一般的に情報が記述されたメタファイルを参照するのではなく、各パッケージの各ファイルの存在と状態を個別に検証します。

プロファイル固有のデバイス更新をスケジュールするには:

1  [プロファイル] タブの [使用可能なプロファイル] パネルからモバイル デバイス サーバ プロファイルを選択します。

2  [モバイル デバイス サーバ プロファイルの詳細] ページが表示されます。[編集] をクリックします。

3  [デバイス更新スケジュール] パネルで、[新規] をクリックします。

4  [新しいデバイス サーバ更新] ダイアログ ボックスが表示されます。イベント タイプを選択します。[繰り返しイベント] を選択する場合は、更新を毎日実行するのか、毎週実行するのかを決定します。このリストから [毎週] を選択した場合、更新を実行する曜日も選択する必要があります。

5  開始日時を設定します。

同期後イベントを選択する場合、開始時刻および停止時刻オプションは適用されません。

6  必要に応じて、[次の日時までに完了しない場合は停止する] オプションを有効にします。停止日時を設定します。終了時刻を選択する必要はありません。

7  必要に応じて、その他の更新オプションを有効にします。

8  [保存] をクリックします。

[デバイス更新スケジュール] パネルに更新が表示されます。

ほとんどのモバイル デバイスには、バッテリ寿命を節約するためのスリープ機能があります。デバイスがスリープ状態の場合、Avalanche からサーバ実行された更新を受信する前に、デバイスをウェイクアップしなければなりません。ウェイクアップ機能は、使用中のワイヤレス インフラストラクチャのタイプとモバイル デバイス タイプによって異なります。詳細については、ハードウェア メーカーまたはワイヤレス通信事業会社にお問い合わせください。

 


この記事は役に立ちましたか?    

トピック:

不正確

不完全

期待した内容ではない

その他

© 2017 Wavelink Corporation. All Rights Reserved.